孤高の映画作家、フィリップ・ガレルの最新作

13歳で初めて8ミリ映画を製作、16歳のときに発表した短編によっ て映画史家ジョルジュ・サドゥールから「神童」と讃えられ、ヌー ヴェルヴァーグの"恐るべき子供"として注目を集めたフランスの 映画作家フィリップ・ガレル。1991年、ヴェルヴァット・アン ダーグラウンドの元メンバーにして"運命の女性"ニコとの思い出 を刻み付けた『ギターはもう聞こえない』でヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞を受賞、その後も『愛の誕生』『夜風の匂い』『恋人たちの 失われた革命』(第62回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞)『愛の残像』 『灼熱の肌』など数々の傑作を手がけてきたガレル監督の、待望の最新作。

モノクロの美しい映像とともに、 リアルなフランス恋愛映画が誕生した

恋愛、結婚、離婚をくりかえしつづける男と女。離婚した親とその 恋人の間をさまよう子どもたち。そこでは"愛している"という言葉だけが 空虚にくりかえされる。彼らのいう愛とは何なのか。なぜ彼らは愛を求めて漂流しつづけるのか。 世代を超え、愛の誕生と崩壊を描いてきたフィリップ・ガレル監督が、芸術と愛に生きる一組 のカップルの間で起こる感情の変化を、美しく繊細に、そして徹底 して無慈悲にとらえた本作。撮影監督ウィリー・クランによるモノ クロの美しい画面のなかに、愛と嫉妬に狂う恋人たちの姿が浮かび 上がる。リアルなフランスの恋愛映画がここに生まれた。

映画と交錯するフィリップ・ガレルの人生

1960年代から現在まで活躍を続けるフィリップ・ガレルは、その作品のなかに自身の人生を反射させつづけてきた。 『ギターはもう聞こえない』(1991年)では88年に急逝したニコとの生活を描き、2005年の『恋人たちの失われた革命』では 68年のパリ5月革命に挫折した自身の姿を愛息ルイ・ガレルに演じさせた。最新作『ジェラシー』は、処女作から彼の ほとんどの作品に出演した父モーリス・ガレル(2011年没)の30歳の頃の物語であり、彼の実の家族      息子ルイ、娘エステル(ルイの妹役)、妻キャロリーヌ・ドリュアス(脚本)     がその物語を彩る。 私的な記憶から生まれた物語のなかに、世界中でくりかえされる愛と嫉妬のドラマがオーヴァラップしていく。

©  映画「ジェラシー」All Rights Reserved.

TOP